2007年11月18日

リタリンとは?【リタリン 販売@リタリン 販売の実情】

リタリンとは、メチルフェニデートを含む医薬品で、難治性・遷延性のうつ病やナルコレプシーなどの過眠症の疾患に対して使われる、中枢神経刺激薬のことです。また、ADHDと呼ばれる注意欠陥多動性障害や慢性疲労症候群にも有効と言われています。

米国生まれのリタリンは、1954年に特許が取得され、現在ノバルティス社 (Novartis)で生産されているメチルフェニデートです。アメリカ合衆国では、ADHD、うつ病、慢性疲労、ナルコレプシーなど、多くの疾患に適応され、全世界の約85%を消費しています。

日本でもADHDの患者が増え、リタリンの注目が集まりましたが、使用の承認はされていません。リタリンは、向精神薬の危険性を示す第一種に該当しています。一方米国では、薬物乱用の危険度表示の2段階目にあたり、使用量や目的など、記録の保存を厳しく規制されています。

リタリンは、簡単に処方されない医薬品の一つですが、服用に当たっては、医師のコントロールが必要となります。副作用も多く報告されており、神経過敏、不安増大、不眠傾向、頭痛、嘔気、などがあります。また過剰な服用による依存症も注意されています。


RSS関連リンク
リタリン終了のお知らせ。
うつ病などの治療薬として承認されている向精神薬「リタリン」 (塩酸メチルフェニデート)による薬物依存が多数発生しているとして、 製造販売元のノバルティスファーマ社(東京都港区)は20日、 うつ病についての効能効果を取り下げる方針を固めた。 ...

リタリンの規制について
こんばんは昨今の乱用や中毒の社会問題や医療機関の適応外処方等で問題となり、 今後、中枢神経興奮剤「リタリン」を製薬会社の自己規制か厚労省の指導?で、適応症例をナルコレプシーのみとし、その専門医療機関を指定し、指定医療機関だけに販売する ...

リタリンに限った話じゃない。いらない人間には出さなきゃいい。その ...
必死の思いでそう頼みに行った女性の願いは冷淡に突き返された。8年前、仕事のストレスでうつ病になった長男は、1日7、8錠のリタリンを飲み、2年前に入院するまで、依存は続いた。 一日で処方される限度は6錠だよね。勝手に乱用して、文句言うとか ...


posted by kazmaa at 12:53 | TrackBack(4) | リタリン 販売 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。